ラジオと防災シンポジウム
災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割−3.11 あのときCFM局はこう動いた−主催:日本コミュニティ放送協会近畿地区協議会
主催 : JCBA近畿地区協議会
後援 : 総務省近畿総合通信局・兵庫県阪神北県民局・尼崎市・三木市・三木市・伊丹商工会議所・朝日新聞社
読売新聞社・毎日新聞大阪本社・産経新聞社・一般社団法人日本コミュニティ放送協会

共催 : 伊丹市


第2部パネルディスカッション 平成23年11月25日(金)
3:00〜15:00
伊丹市立アイホール


2011年3月11日、誰もが予想し得なかった東日本大震災。
突然の大震災に対し、各地のコミュニティ放送はどのように対処し、どのようにして情報を市民に伝えていたのか。
今般の大震災の実態を踏まえ、災害時におけるコミュニティ放送の使命・役割を、放送関係者だけでなく、市民や行政が再認識するためのシンポジウムを開催しました。





【第1部】東日本大震災・被災局報告
テーマ:あのとき、CFMはこう動いた
被災局報告@奥州エフエム(佐藤孝之氏) 被災局報告AFMあおぞら(吉田圭氏)
被災局報告@奥州エフエム(佐藤孝之さん)

奥州エフエムの放送局長として、奥州エフエムにて臨時災害局として対応する傍ら、大船渡の「おおふなと さいがいエフエム」の立ち上げに尽力。
局は隣接する陸前田市に対しても放送を開始。
地域メディアの重要性について熱く語ってくださいました。










被災局報告AFMあおぞら(吉田圭さん)

東日本大震災で被災。
伝達される情報不足を痛感し、情報がこないなら情報を発信する側になろうとスタッフを集めて臨時災害放送局「FM あおぞら」を立ち上げられたました。
被災した1人の主婦が経験も物資もない中で、苦労して放送を始めた話をしてくださいました。




【第2部】パネルディスカッション
テーマ:災害時における市民の行動とコミュニティの役割


第2部パネルディスカッションパネリスト藤原保幸(伊丹市長)
佐藤孝之(奥州エフエム取締役放送局長) 吉田圭(FMあおぞら放送担当総合チーフ) 原拓生(田辺市民) 井関悟(FMいかる) パネリスト
藤原保幸さん(伊丹市長) 右上写真
 平成17 年 伊丹市長に就任
 今般の東日本大震災で被災した名取市・岩沼市・花巻市などを訪問。市として各分野での支援を継続中。
佐藤孝之さん(奥州エフエム取締役放送局長) 左上から2番目写真

吉田圭さん(FMあおぞら放送担当総合チーフ) 左上から3番目写真

原拓生さん(田辺市民) 左上から4番目写真
田辺観光協会副会長・農園経営
リスナー・支援する立場としてお話しいただきました。

井関 悟(JCBA近畿地区協議会 会長) 左下写真
株式会社エフエムあやべ 代表取締役社長

進行役:中川直子(JCBA近畿地区協議会 災害対策委員)
奈良シティエフエムコミュニケーションズ アナウンサー・取締役局長

コミュニティ放送の役割や強みをはじめとして、行政とのかかわり、何が求められているのか、災害時にどう対応すべきかなど多岐に渡り、それぞれの立場からコミュニティ放送の未来についてお話いただきました。




<この模様をお聴きいただけます>


■第1部 東日本大震災・被災局報告 約1時間

■第2部 パネルディスカッション 約1時間







このシンポジウムの録音は、JCBA近畿地区協議会加盟局にて放送予定です。
※一部局にての放送で放送日程は各局にてご確認ください。





ラジオと防災シンポジウムフライヤーフライヤー  ラジオと防災シンポジウムプログラムプログラム







By JCBA Kinki District meeting business public information Committee.2011.November

JCBA近畿地区協議会